wonder frog

All Items  > New Bone Walker > doll > Lampe Nico
Lampe Nico
New Bone Walker

Lampe Nico
grow color type

Lampe Nicoの物語
「メリークリスマス!」
今年はいつになく大雪だ。夜になり、家々にあたたかな灯り
がともり、待ちに待ったこの日をクラッカーを鳴らし、大き
な声で歌い、めいっぱい楽しんでいる。雪が降るのもおさま
り、澄み切った空には、サンタクロースが世界中の子供の笑
顔のために、素敵なプレゼントを積んで星屑のレールの上を
走っていた。賑やかな街並みを坂道に沿って登っていくと、
小高い丘にたどり着く。そこには、きれいな公園のように手
入れされた墓地がある。ちょうどこんな大雪の後の夜に、雪
が積もった墓石が柔らかい光を放つといわれていて、ちょっ
とした心霊スポットになっている。オレはそんな墓地に住む
ナイトウォーカーの鴉、ホローって呼ばれている。人間が墓
を荒らさないように見張っているのだ。
 お祭りの声が静かになり、灯りも消えた深夜に突
然、雨雲もない空から大きな雷が轟音を上げて、墓地に突き
刺さった。雷が直撃した墓石は割れ、地面に空いた穴から棺
桶が見えた。しばらく見ていると棺桶がガタガタとゆれて、
蓋がガタンと外れて開いた。中からほわーッと光る姿の骸骨
がゆっくりと立ち上がった。あれは雷の光だろうか、人魂の
光なのか、あやしく全身から発光している。ガイコツはしば
らくすると動けるようになったのか隠れるように街にくだっ
ていった。急いで追いかけることにしたオレは、出ていった
骸骨の割れた墓石を見た。
「Lampe Nico」
これがあの骸骨の名前なんだろう。夜が明ける前に見つけて
やろう。新しい夜の住人を。


 ボクの名前は「Lamp Nico」。そう、頭の上に飛んできた黒
い鳥が教えてくれたんだ。その黒い鳥は今もボクの周りを飛ん
でいる。なんだかいろいろ話をしたいように見えるけど、今は
隠れる場所を探さなきゃいけないんだ。なぜなら、ボクはガイ
コツだから。名前すら覚えていないボクだけど、ガイコツがう
ろうろしているなんてありえない話だ。急げ急げ!気持ちが急ぎ
すぎて、足がもつれて転んでしまい、頭が外れそうになった。
真っ暗な街の中を、どこか隠れるところはないかきょろきょろ
していたら、大きな雪だるまを作っている親子に見られてしま
った。ガクガクと足が震えて動けないところに二人がやってきた。
「ね、ね。この人ガイコツ?本物?」
「これはまた変な姿をしておる。あんた、ガイコツかね?」
こわがりもせず、ふたりは話しかけてきた。ボクはおそるおそる、
今こうしていることや何にも覚えていないことを小さな声で話した。
「あははは。おもしろいのー。ガイコツなのに生きとるのか。
かーさんに見せたら腰抜かすかな。まあ、家に来なさい。生き
返ったのには何かあるのだろうて。」
ボクはその人の上着を掛けてもらい、その人の家へ行き、やっ
ぱりびっくりして腰を抜かしたかーさんと一緒に暮らすことにな
ってしまった。
ボクの名前は「Lamp Nico」。生きているガイコツだ。

Item Numbern01
Item NameLampe Nico
Price70.00 USD

Quantity: